どちらが?

  • 不動産という資産を活用するとき、売却と賃貸の「どちらが」果たしてメリットをたくさん手に入れられるのかといった判断がポイントになる場合があります。
  •  
  • なぜ「どちらが」ということになるかと言うと、不動産という資産は、所有している不動産の個別の要件や、所有している人のライフプランに応じて、活用の方法が異なるからです。
  •  
  • 例えば、一時的な転勤を事情として不動産の売却を検討しているとき、すぐに売却してしまうことで、逆にデメリットにつながってしまうケースもありますし、しばらくした後に転勤から戻ってきた際に、住み慣れた住まいに返ってこれるという安心感もあります。 そういった際には、不動産を賃貸に出して、その期間中に、賃貸収入を手にするというほうが、資産の活用上、メリットが多い場合があります。
  •  
  • また逆に、近い将来に不動産価格の下落が見込まれる場合には、すぐに売却することで、高い不動産価値の状態で、現金化できるというメリットがあります。 そういった「どちらが」という判断は、個人ではなかなか難しいので、しっかりと不動産会社に相談し、何が最も大きなメリットを手にできるのかを確認してみてください。
  •  
  • 不動産会社が提供している無料の不動産査定のサービスなら、売却と賃貸のW査定のサービスも行っていますので、状況に応じた不動産の有効活用方法を相談してみてください。