手順を見る

  • 不動産を売却するとなると、規模の大きな取引を行う必要があります。 不動産は商品価格も高く、また買主との取引をしっかりと行っていく必要がありますので、たくさんのステップを踏んでいくことになります。
  •  
  • ここでは、不動産売却に向けた手順を見てきましょう。 まずは、不動産の相場を知って、売却価格の目安を立てます。
  •  
  • 不動産の目安を知った後に、希望の不動産会社の選定へと移ります。 相談する不動産会社が確定したら、その後に、物件価格の査定を依頼することになります。 ここで、売却する住まいの価格を査定してもらえます。
  •  
  • 物件の査定の依頼が完了した後に、不動産会社に仲介を実際に依頼します。つまりは、媒介契約を結ぶということになります。
  • そこから、不動産の売り出しがスタートし、買主である購入希望者との交渉が始まります。
  • また、売買契約を結ぶ前に、物件情報をできるだけ正確に購入希望者に開示します。
  •  
  • そこまで行くと、買主との売買契約を結ぶことになります。 売買契約が無事に締結された後、不動産の引き渡しへと進むことになり、これをもって、不動産の売却が完了するという流れになります。
  •  
  • ご覧いただきました通り、さまざまなステップを踏みながら、売却までの道のりを歩んで行くことになりますので、不動産会社のサポートは必要不可欠ということになります。 じっくりと不動産売却を検討するようにしてみてください。